生活スタイルに合わせて働く

看護師の勤務は、基本的に交代制のシフトが多いので、家庭をもったりすると難しい点が多くあります。
看護師の勤務方法には、交代制の常勤や夜勤のない日勤常勤というものがあります。
日勤常勤は子育て中の人や、介護中の人、その他それぞれ都合があって交代制の勤務を望まない働き方です。
ブランク明けで不安のある人や、子育て中の人の場合には、非常勤という働き方もあります。
委員会や講習会の参加が免除されていたりする場合もあるので、自分の都合がかなり優先できます。
夜勤を望まない場合の勤務先として病院(外来、オペ室、眼科など)、入院設備のない医院・クリニックなど、企業内の医務室、学校や保育園内の救護室など、介護施設(老人ホーム、老人保健施設など)、訪問看護ステーションなどがあります。
シフト制の勤務では、精神的、肉体的に不調が現れ、頭痛、貧血、めまい、生理不順、肌荒れ、不眠症、不整脈、椎間板ヘルニアなどの症状が現れている看護師が多いようですそれでも、常勤(正社員)として看護師の仕事を続けることを望んでいる人が多いのです。
夜勤のないクリニックや医院などの勤務経験では、キャリア評価が低く考えられていることも多々あります。
常勤の場合は、1日8時間週40時間勤務です。
もしも、非常勤なのに常勤と変わらない勤務時間分にあたる残業をしている場合には、どちらを選ぶかの判断が必要になります。
転職や復職を考える場合には、看護師支援サイトに登録することが一番確実で便利なようです。登録は無料ですので、複数の登録をお奨めします。(こちらに詳しく記載されています。)
サイトではコンサルタントに相談して、経験豊富な担当者からアドバイスを受けることができたり、交渉をしてもらえたり、希望する医療機関の情報をもらったり、未公開の求人情報を知ることもできますので、おおいに利用して、不安を解消させた上で復職を目指しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です