ブランクを気にせず働く

仕事を辞めて、復職する時にはどのような準備が必要になるのでしょうか。
販売職の場合は販売士の資格、事務職なら関連の資格、経理事務であれば簿記検定などを持っておくと、キャリアアップにも繋がって良いかもしれません。
各地方の商工会議所ではこのような資格試験に関する情報がありますし、専門学校もありますので時間とお金に余裕があるのであれば利用するのも良いでしょう。
看護師資格を持っている場合は、復職する際にも転職の際にも求人に困ることがありません。
ですがやはりブランクが長いと、職種によっては希望の転職先を諦めないといけないこともあります。
ブランクが長く、今の医療についていけない場合は公の機関で開催されている研修会や教育を受けることが出来ます。また時間や費用の捻出が難しい場合や、今までとは違う看護師の仕事を考えているのであれば、介護施設での勤務、献血センターでの勤務、健康診断専門の病院など、職場はたくさんあります。
自分の生活リズムや環境、またどれぐらいの期間働くつもりでいるのかといったことを考えた上で、職場を検討すると良いでしょう。
献血センターや採血専門の職場は残業がなく、日中のみの勤務なので仕事が終わってから自分の時間を持つことも出来ますし、家事や育児も出来る働き方になります。
介護施設も夜勤がない施設であれば日中のみで、残業がほとんどないとの話ですから病院勤務の看護師よりも働きやすいかもしれません。
もちろん、残業がなかったり夜勤がないので給料は若干少なくなりますが、一般職のパートや日中勤務の女性よりも多い給与が設定されていることが殆どです。
復職のブランクを気にせず勤務出来る職場もあるということを知っておくと、職探しの幅も広がるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です